【井波雅臣×松永夕波クロストーク】

学生に向けてのメッセージ

井波 雅臣

MASAOMI INAMI

2013年 入社

デジタルマーケティング事業部

Q1 トリニアスに入社してどんな力が身につきましたか?

私は「人を伸ばす力」が身についたと感じます。部下や後輩を伸ばすことができる能力が自分にもあるんだと、自分を知ることもできました。
おお。今、松永さんがいいことを言ってくれたと思う。日常的にありそうで意外とできない「目標を達成する」ということが当たり前になることがトリニアスで身につく力かな。最初は自分の目標を達成する、第二のステップとして他人の目標を達成まで導く。個人だけじゃなくてチームも達成できるようになることがトリニアスの強み。あとは、自分の中に元々あったんじゃないか?と思われる素質を伸ばせる場所でもあると思います。業務もあまり固定されてなくて、やりたいことはある程度なんでもできちゃうから幅広く力が伸ばせるんじゃないかな。
今は自分の中で「提案力」が課題にしています。いい発見はできても提案する力がない分、上司に伝える時に不満っぽくなってしまう。若いうちからこの力を身につけた方が、連携をとる役割を担った時にうまくいくと思います。
僕もです(笑)加えて僕が考えた今身に付けたい力は2つあって、1つは自分がどう動くかで周りの評価も変わってくるので「自分で環境を変えていく力」。もう1つは第三のステップとして「チームを持つリーダーを育てる力」を身に付けたいです。

Q2 何をモチベーションに成長できましたか?

私の中では「人」が大きかったですね。入社した時はまだ19歳で社会も知らなくて、営業も初めてで…。それまではアパレルで接客業をやっていたのですが、インサイドセールスというお客様とリアルで会わずに営業をすることも、部下や後輩を育てていく経験もありませんでした。若さゆえに感情的になってしまい会社で泣いてしまうことも多々。正直辞めたいと思ったこともあります。そんな時に上司が本気で向き合ってくださって、そこからは「何をやるかではなく、誰とやるか」を念頭に置くように変わりました。今の自分の行動量や成長に対する貪欲さが形成された瞬間だと思います。「支えてくださる方のためにも、目標を達成したい」と頑張れるようになりました。
素晴らしいですね(笑)ベンチャーだからこそかもしれないのですが、僕は入社してから新しい事業の立ち上げに関わることが多かったです。ゼロからスタートして試行錯誤して、人を採用して育てて、売上を立てて…。会社の中の1つの事業として「早くカタチにしなくては」という気持ちがモチベーションに繋がっていました。

Q3 新入社員の皆様に期待していることは何ですか?

新しいことを始める時って「自分はできない」と怖気づいてしまう人と、すぐに楽しみが膨らんでポジティブになれる人に分かれると思います。これによって、相当人との関わり方も変わってくると思うので、ポジティブにどれだけ新しいことに一歩踏み出せるかということは大切です。あと、しっかり上司とも部下ともコミュニケーションがとれて、若さを活かして色々吸収しながら行動できる人と一緒にやっていきたいです。
僕が思うのは、環境をフル活用してほしい。せっかくトリニアスというベンチャー企業に来ていて、自由度もあり、研修やフォローができるメンバーもたくさんいて、アルバイトのメンバーも多いので、やろうと思えばなんだってできちゃうんじゃないかな。この環境を利用して自分のアイデアを反映していくことは新入社員だからこそできることの1つだと思います。あとは失敗を恐れないこと。「失敗したくない」とどこがで思ってしまうのが人間ではあるけど、失敗して気付くこともあるのでスピードを速めて新しいことにどんどんチャレンジしてほしいと期待しています。

INTERVIEW

社員インタビュー

  • 人事部

    奥脇 亜梨沙

    2020年入社

  • デジタルマーケティング事業部

    小林 拓郎

    2016年入社

  • ライフコンシェルジュ事業部

    松永 夕波

    2018年入社

  • ライフコンシェルジュ事業部

    石井 秀昌

    2015年入社

  • 人事部

    瀬下 美喜

    2017年入社

  • ライフコンシェルジュ事業部

    左藤 裕太朗

    2018年入社

  • デジタルマーケティング事業部

    松崎 莉緒

    2018年入社

  • デジタルマーケティング事業部

    井波 雅臣

    2013年入社

  • デジタルマーケティング事業部

    畑山 由理奈

    2019年入社