message

代表メッセージ

会社設立時の想いをお聞かせください。

実はトリニアスを創る前に個人で起業した経験があります。18歳で独立を決意した当時は「世界中を旅したいな~」とか「あの車に乗りたいな~」といった、かなり個人的な経験や物欲が凄くて(笑)自己実現しか考えていませんでした。

起業の道を選択したものの掲げた理想は大きく、口では大きなことを言ってしまいましたが増えていく一方の借金、理想と現実の大きなギャップに自信も失くしていました。そんな一番苦労していた時期に出会った仲間が、今の経営幹部でありトリニアス立ち上げのメンバーです。

「熱狂できるような仕事がしたい」という考えが似ており意気投合。今まで自己中心的な考えだった私が、仲間が自己実現をできる方法を考えるようにシフトチェンジ。人を巻き込むことで個人でやるよりも社会に与えている影響力が大きくなっていくことや、同じ思いの仲間が集まった時の圧倒的なスピード感を体感し、会社を創ろうと決心しました。

まずは世の中にある当たり前のサービスを、自分達が熱量と時間をかけて広げることからスタート。組織である以上当然責任も大きくなり、結果に伴って人もついてくるようになります。会社になってきたな~とワクワクした気持ちでした。

当時どんなことが大変でしたか?

設立当時は役職や上下関係がなかったです。同じ価値観で集まったメンバーなので、年上だから偉いということもない。楽しいから集まってるってメンバーもいたと思います(笑)

組織拡大をしていく過程で社会や経済状況の変化など大変な時期に乗り越えられる組織ではありませんでした。仲間と仕事をすることを選択した以上、苦しい時に乗り越えられる組織を創らないといけない。

仲良しグループから、本当の意味での「仲間」=苦楽を共にできるビジネス組織になるための道のりが一番大変でした。それから上下関係や組織としての立場も学ばないといけないと気付き、「組織」というものについて学ぶようになりました。

当時なにがモチベーションとなっていましたか?

仲間と創るということがパワーになっていました。仲間が増えたり取引先が増えていくことで会社が成長していることを実感し、自分達より大きな会社から仕事をもらうことがモチベーションに繋がっていました。

設立3年目からは自社のサービスや新しい事業が増えたり、形になっていくことがめちゃくちゃ楽しかったです!

新入社員の皆様に期待していることはどんなことですか?

今の若い人達は、夢や目標が持ちにくい世代と感じています。なんとなく仕事を選び、なんとなく働く人が多いのではないでしょうか?

昨今の日本は外国人人材が急激に増えてきています。では、外国人人材がどんなモチベーションで日本に来ているかということを考えた時、日本に大きな夢や目標を持って来ていると思うんです。

目標を持っている外国人と、目標を持っていない日本人とでは5年で圧倒的な差がつくと思うと同時に、これからの日本はどうなるのだろうと不安に駆られます。

トリニアスでできることはもちろん限られているかもしれませんが、若い人達に対して「やればできる」という可能性を追求していきたいと思っています。

外国人人材に対しても、技術革新によって生まれているロボットにも負けてなんかいられない、そんな強い風土を創っていきたいです。

今は明確な夢や目標がなくても、社会人として過ごす中で”見つける”というスタンスで仕事を一生懸命頑張ることに期待しています。

新入社員の皆様に求めていることはどんなことですか?

みなさんに求めていることは大きく分けて2つあります。1つ目は「素直さ」、2つ目は「主体的に行動する」ということです。自分より年下でも、やっぱり凄い人に出会うと思います。ジャンルが違ったり仕事以外だったとしても、人として尊敬できる人に対してとにかく素直になり、スポンジのように吸収できる人は学びを得る量が違ってくると思います。

例えば、誰よりも多く上司の時間を取って仕事のフィードバックや提案、相談を聞いてもらうことも重要です。また、任されていく仕事を《もし自分が社長だったら?》という姿勢で仕事に取り組める人材を求めています。

トリニアスはベンチャー企業なので人から言われたことをやるよりも、自分の裁量でやりたいことができるフェーズにあります。主体的に行動する人と受動的に行動する人とでは、成長スピードも圧倒的に違うことは明らかです。

”自分達で創っている組織”ということを常に念頭に置いて取り組める人になっていただきたいです。

トリニアスはどんなところが強みですか?

仲間意識があり、新しいことにどんどんチャレンジしていく組織であることが強みだと感じています。少し背伸びしている役割であっても、「まずは任せてみる」ということを大切にしているのでチャレンジ環境はたくさんあります。

結果失敗したとしても、それが個々の経験になれば良いと思っています。会社としても新たな領域にもどんどんチャレンジしていく挑戦者のマインドが強いため、ポジションもすぐにできますし、成長環境が整っていると胸を張って言えます。

5年後の組織ビジョンを教えてください。

5年後の2025年、売上規模は50億を目標としています。今は大きく分けて4つの事業を手掛けていますが、現段階ではまだ事業になっていないけれど少しずつ種まきしているものなど新しい事業は間違いなく増えています。

特に今注目しているジャンルは、ITとHR。この2つはさらに拡大していき、その中で付随するサービスを作りたいと考えています。自社プロダクトをどんどん大きくしていくことに力を入れていきたいです。また、5年後も変化が激しい時代だと思うので、変化対応型の組織を創っていきます!

株式会社トリニアス

代表取締役  山口 慎一郎

INTERVIEW

社員インタビュー

  • 人事部

    奥脇 亜梨沙

    2020年入社

  • デジタルマーケティング事業部

    小林 拓郎

    2016年入社

  • ライフコンシェルジュ事業部

    松永 夕波

    2018年入社

  • ライフコンシェルジュ事業部

    石井 秀昌

    2015年入社

  • 人事部

    瀬下 美喜

    2017年入社

  • ライフコンシェルジュ事業部

    左藤 裕太朗

    2018年入社

  • デジタルマーケティング事業部

    松崎 莉緒

    2018年入社

  • デジタルマーケティング事業部

    井波 雅臣

    2013年入社

  • デジタルマーケティング事業部

    畑山 由理奈

    2019年入社